ページビュー

2016年6月3日金曜日

ジムニーのジャダー・シミー現象との戦い

全力で遊んでます!

ジムニーで名古屋高速は

違和感



今日はゆーじーさんに
トーを見てもらおうと思って
またまた一宮に

先日行ったばっか何だけどな・・・(苦笑)

偶然S様とイッシーさんが
訪れてきたではないか!


二人してゆーじーさんの車で
何やってんだか~







そんな事より今日の本題


Pのジムニーのシミー現象
酷くなりつつあったので

どんな現象かと言うと
前に動画で紹介した
りゅうのジムニー
キングオブジャダー





こんなに酷くはありませんが
段踏むごとに
ガタガタガタガタ

まぁさすがにイラッときた




俺は色々考えた

対策キットとか
何か色々ネットで書いてあるけど


ジャダー対策とか調べると
こんな部品とかが出てきます



こんなんで止まるとは
思えないんだけども


だって根本の状態がガタガタしてるって
何か原因あるでしょ

と言う事で

Pのジムニーは
左タイヤでマンホールや
段さを踏むとキッカケになり
ガタガタしだすので

トーが何か関係してるんではと思い

トー調整を試みました

フロントはショックの後ろ側二か所

(右)



(左) こちらは逆ネジです




ここを緩めればトー調整ができます

ただ
無暗にグルグル回さないように

トー調整する治具で
現在どんな状況か見ます





最初は4mm
トーアウトなっている状態です

普通に一般的に考えれば
トーインになっているのが普通です

なので




今回実験で


10mmトーイン
してみました

そしたら動画の
キングオブジャダー並みの
シミー現象





じゃあ今度は±0
真っすぐの状態です

これもまた
ガタガタガタガタ

なぜ?



じゃあ10mmトーアウト!

いやぁさすがに10mmトーアウトって・・・

普通考えられない状態だけど

走行してみると

ブレがなくなったではないか!

不思議(汗)

かなり開いてます

リフトアップの量や
車の個体差もあるので

5mm~10mm調整
って所でしょうか



なんだけども
それでもやっぱり少しは
コトコト微振動拾います

実はこの段階で
ステアリングダンパーを
外して走行していました

このダンパーを戻してみたら



あら不思議
ピタリと止まりました(笑)

このダンパーのおかげで
付け根を固定してくれるんで
ガタが少なくなるんですよね

そしたら最後に
ハンドルセンターを調整します

ステアリングロッドも
二か所緩めて調整して下さい
片側逆ネジです





これでハンドルセンターもバッチリ
シミー現象も出なくなりました!


ただ
この方法が全部のジムニーで
解消されるわけではないので
対策項目の一つとして
確認してみて下さい。

対策品を買う前に
一通り見た方がいいかもしれませんね
対策品も安くはないので


タイロット・各リンクのガタ

各ベアリングのガタ

キングピンベアリングガタ

キャスター角

トー調整


だいたいこのあたりを
確認したほうがいいかも


ただわかったのは
トーはかなり関係しています

ネットを見ていると
トー調整の事が
あまり書かれていません

対策品ばかりで
何だか解決にならなそうな
情報ばかりでした


ただでさえガタが多いので
何かキッカケができてしまうと

その勢いでガタガタガタガタ

現在これでは
確信ができないので

動画の緑ジムニーを使って
あれだけ酷いシミー現象が
どうやったら止まるか
色々実験しますので

しばしお待ちください!

Pのジムニーは
ストレスなく走行できるように
なりましたよ~

ここまでやって
シミーを最小限にして
そこで初めて対策キット
購入をした方がいいかもですね

よく調べてると
対策キットを取り付けたら
最初はよかったけど
また再発というのをよく見ます

多分それは根本的に
おかしい状態に対策キットを付けるから
最初は良くても対策キットがダメになって
またガタがでるんじゃないかと思います


一概にどうとは言えませんが
何か答えが見つかればと思うので
また何かわかったら書きます!


トー調整に何時間も掛けて
一日あの手この手の格闘で
終わりました(爆笑)






では

0 件のコメント:

コメントを投稿

ADD